リベット工法 ステン線 施工例

ステン線№27

事前に躯体に穴を開け、プラグを入れ ビスをセットする。

ステン線№16

ダンゴ張りにより 躯体との不陸が大きいためステン板ではなく、ステン線を使用しました。

ステン線№4

リベットにて、タイル裏面から延びたステン線をビスに巻きつけ、インパクトドリルにて 打ち込む。

ビスの位置が多少ズレても ステン線の為 柔軟性がある。